看護師の仕事

看護師の仕事内容

看護師になりたいひよっこ学生が、看護の仕事内容をはじめ、看護に関するあらゆることを調べたサイトです。
同じく看護を目指している人の一助になれば幸いです。
はじめに、看護師の主な仕事内容は、医師が患者の診察や治療を行うときに、様々な補助をすること、そして怪我や病気の患者様のケア、ということになります。
確かに、看護師さんは自ら診療することはないけど、医師の指示に従って、様々なサポートを行っていますよね。
実際に病院に行くと、まずバイタルチェックと呼ばれる血圧測定だったり、体温測定されたり、更には脈の測定もあるし、風邪などのときはブドウ糖を注射したり、入院などしたときは点滴や採血などの治療に関する補助であったり、食事の準備やベッドメイクなど生活全般のお世話や、1日の終わりに次に今の仕事を担当する看護師のために引き継ぎの資料を作成したりなど、実にさまざまな仕事をこなしています。

 

それと大きい病院になると、例えば手術などの場面に立ち会い、担当医のサポートをする看護師も居ます。
それこそテレビなどでも良く再現されている手術用具の準備や器具を手渡しするシーンなどはあまりにも有名かも知れません。

 

最近だと、医療の専門性が高まって、看護師の仕事自体にも従来以上に専門性が求められているようです。医師だけではなく、薬剤師氏や栄養士など、専門家でタッグを組んで、ひとつの治療にトータルに取り組む、チームとしての医療形態が発展してきて、とりわけ、その中でも患者様といちばん距離が近く、患者様の状態をいちばん良く観察できる看護師に、より重要な役割や期待が高まっているようです。

看護師の種類

では、看護師には、どんな種類があるんでしょうか。
看護師のポジションは、その病院によっても変わってきますが、基本的には大きく4つに分かれます。
*外来看護師
*病棟看護師
*オペ室看護師
*ICU看護師

 

看護師の専門資格

前述の通り、より専門性が求められるようになった看護師には、正看護師の資格のうえに、さらに高度な知識と技術を求められる「専門看護師」と「認定看護師」という資格も存在するということを、今夏の調査ははじめて知りました。
要するに昔のサポート主体の看護師と異なり、現在ではより専門化、専門性が進んできているみたいです。

 

准看護師

看護師と准看護師の違いについては、別ページでじっくり検証したいと思いますが、正看護師に次ぐ看護師資格で、主には医師や正看護師の指示内容に沿って看護業務を行うことができる資格です。
国家資格の看護師免許とは異なって、交付もとは都道府県知事みたいですね。
でも正看護師の資格取得はみなさん本当に一生懸命に勉強して、それこそ高看に進学しますので、やはり准看護師と正看護師では、あらゆる面が違いあるようです。

 

保健師

看護師を調べているなかで、どうしても保健師という役割の人がいることから興味が湧いて、そもそも保健師ってどんな仕事をしているのだろうと調べてみました。
主には、病気の予防であったり、衛生管理などを行うようで、保健師になるためには看護師の資格が必要になるみたいです。
看護師の専門看護師、認定看護師のように、看護師のステップアップ面で設けてあるみたいです。
私の周りに亜h、栄養士の資格を取っている人が多いですが、保健師の資格を目指している人はいません
それだけ難しいということなのかも知れません。

 

助産師

妊娠や出産などの助産行為に関わる人が助産師で、保健師等と同じようにやっぱり助産師になるにも看護師の資格が必要になるようです。看護師の資格は、医療のベースの部分を担っているんですね。

 

看護師の活躍する舞台

看護師の活躍する舞台は何も大学病院や公立、私立病院、さらには個人経営のクリニックなどが一般的ではありますが、その他にも、先ほどの保健師さんが活躍する保健所や、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、グループホームなどの介護施設など、その需要と活躍の場はますます高まっているといのが現実のようです。

 

ちなみに、就業場所別の看護師の人数の統計もあるようで、メインの病院で見ると、実に75万人の方が従事されているようで、次に多いのが診療所の12,5万人、そして介護施設の6万人となっているようです。
全国の統計ですので、実際にこの宮城県で見るとどれくらいか分かりませんが、看護師求人仙台単発で探してみても、かなりの病院が求人をチェックすることができるので、相当の数の看護師が活躍されているんですね。
これだけをざっと見てみても、日本全体で少なくとも、看護師として毎日業務にあたっている人は、恐らく100万人はいるってことですね。
でも日本の人口1億2千万で見れば、100人に1人が看護師という言い方も出来る訳ですね。
そう考えると、そこまで多いと思える感じはしませんが、でも同じように例えば美容師とかで見れば、国民100人に1人も居ないかも知れないので、やはり統計上は多い仕事ということが言えるかも知れませんね。

更新履歴